価格.com

プロバイダ

WiMAXの利用できる交通機関

WiMAX 徹底比較

利用できる交通機関

出張前に利用できるかを確認!

最終更新日:2017年3月1日

新幹線でも利用できる?

WiMAX2+をビジネス用途で検討している人も多いと思いますが、気になるのは新幹線で利用できるかどうかではないでしょうか。
UQコミュニケーションズのFAQにも同様の質問が掲載されていました。
結論としては、トンネルなどを走行する区間を除いてはWiMAXのサービスエリア内は利用できると記載されています。携帯電話はトンネル内でも利用できることが増えてきましたが、WiMAXはまだ提供されていないようです。どうしてもインターネットを利用したいという人は、W03で利用可能なハイスピードプラスエリアモードを検討しましょう。auの4G LTEが利用できる通信モードなので、トンネル内でもインターネットへの接続が行えます。
なお、一部車両やプロバイダによっては無線LANサービスを提供しています。無償・有償を確認し、申し込みをしましょう。
※ハイスピードプラスエリアモードでも通信環境の変化によって、電波が不安定となり利用できない場合があります

W03の契約セットプランの料金比較

電車やバスなど移動中でも大丈夫?

新幹線同様に、地下やトンネルなど除き、サービスエリア内であれば利用できるようです。電波が途切れてしまう場合については、基地局と基地局の狭間であったり、エリア切り替わりの場所が考えられます。動画など、長い時間ダウンロードすることを除けば、移動中でもストレスに感じることはなくインターネットを利用できるでしょう。

地下鉄では使えない?

トンネルなどでは使えない=地下鉄では使えないではありません。地下鉄など電波が届きにくい駅構内などにWiMAXのアンテナを設置し、利用できるように対策を行っています。ご利用可能エリアはこちらよりご確認ください。普段利用する路線を確認してみましょう。

飛行機の中では使えない?

飛行機の離着陸時に電子機器は利用できません。また、高度が高くなると、WiMAXの電波が届かないため、飛行中もWiMAXは利用できない状況となります。インターネットの利用については、離陸前に空港内で済ませておきましょう。WiMAXは各空港でも利用できるように対策を進めています。利用可能な空港については、こちらからご確認ください。

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止